Comac Group - Kegging & bottling plants
Header content

Latest news from Blog

6 November 2019
Augmented Reality and Comac Kegging Machines - A Debut at 2019 Brau Beviale
realtà aumentata_1 The 2019 edition of Brau Beviale, scheduled in Nuremberg from November 12th to 14th marks another stage over Comac path in applying the Industry 4.0. At the CFT Group stand, Hall 7, Booth 341, a new technology that will be installed on board the K1 and K2 kegging machines. continue
20 August 2019
"The Street Performer", a sculpture by Salvatore Perchinelli, is on exhibit at Comac
Opera in Comac Attention to the surrounding world and to all art forms that represent it have always been part of Comac DNA continue

樽用洗浄機・充填機 標準仕様

洗浄機、充填機とも、同様の特徴を備えています。どちらも全自動式、コンパクト、ヘッドを装備(洗浄用と充填用)、モデルによっては中間停止ステーションを装備しています。モジュール構造のため、機械・設備の効率をあげるためにシステムを結合することが可能です。

洗浄用ヘッドと充填用ヘッドはステンレス鋼AISI304L製で(酸性水溶液での洗浄用にはAISI316Lを利用)、内部の粗度は<0.6 µ 、EPDM 製の備品、PTFE製の閉塞バルブ、そして継手の開きを検出する磁気センサーを装備しています。

 


充填作業は熱伝導式センサー、あるいは流量計によって制御可能です。

 


全自動式には、作業対象の樽を機械内に設置するロボットアームが取り付けられており、樽は作業工程を制御管理可能なセンサー付きエア搬送システムによって移動します。半自動式では現場の作業員が樽のセッティングと移動を手作業で担当します。

 


開閉装置はステンレス鋼(IP54)製で、製造工程の監視用のPLCとソフトウェアを装備しています。プッシュボタン式コントロールパネルもステンレス鋼(IP54)製で、機械の動作パラメータの確認、設定が可能な制御盤が取り付けられています。

 


機械設備には全自動衛生システムが装備されており、出入り搬送装置と、ご要望によっては洗浄溶液タンクの設置も可能です。

フォトギャラリー

ビデオ
Complete keg line installed at the Stone Brewing Company (California, USA) - 120 kegs per hour
シェアする