Comac Group - Kegging & bottling plants
Header content

Latest news from Blog

6 November 2019
Augmented Reality and Comac Kegging Machines - A Debut at 2019 Brau Beviale
realtà aumentata_1 The 2019 edition of Brau Beviale, scheduled in Nuremberg from November 12th to 14th marks another stage over Comac path in applying the Industry 4.0. At the CFT Group stand, Hall 7, Booth 341, a new technology that will be installed on board the K1 and K2 kegging machines. continue
20 August 2019
"The Street Performer", a sculpture by Salvatore Perchinelli, is on exhibit at Comac
Opera in Comac Attention to the surrounding world and to all art forms that represent it have always been part of Comac DNA continue

ラインスタート・ラインエンド 標準仕様

Comacはお客様のご要望に応じて樽のパレタイズ、デパレタイズ作業用の全自動式のユニットロード各種を企画・製造しています。

パレタイズ、デパレタイズ作業用に2つに分かれた作業ステーション、1台あるいは2台のロボットからなる標準仕様装置、もしくはパレタイズ、デパレタイズ作業のどちらも可能なグリッパー1本が装備された標準仕様装置を製造しています。

 

この機械による作業はすべてセンサーによってモニター監視され、作業工程が正常であるかどうか検査、確認されます。

 

このユニット機械にはモジュラーユニットのパレット搬送システム、調節システム、操作システムを付け加えることが可能で、ご要望があれば側面設置も可能です。

 

モジュールの種類には、直線運搬コンベア(長さは選択可能)、ローラーコンベアからチェーンコンベア、あるいはチェーンコンベアからローラーコンベアへのラインがついた直角ステーション、チェーン式またはローラー式回転ステーション、パレットの荷積み・荷降ろしステーション、搬送シャトル、保管用ステーション、積み付け・積み下ろしステーション、インテグリティチェックステーション、センタリングステーション、ストラッピングステーション、ラッピングステーション、ラベリングステーション、クリーニングステーションがあります。

 

どのモジュールにも、正常な作動の検査と作業工程の連続制御用にセンサーが取り付けられています。

フォトギャラリー

ビデオ
シェアする