Comac Group - Kegging & bottling plants

マイクロブルーイング機器

容器詰めの重要性

マイクロブルーイングは今、クラフトビールの製造と販売において世界でより一層ポピュラーになってきています。しかし多くのマイクロブルワリーでは、ビール製造における品質と安全の確保に、業務用マイクロブルーイング機器の利用をそれほど重要視していませんが、実はマイクロブルーイング機器の中で、高品質で味わい深く衛生的なビールに仕上げるための容器詰めシステムこそ、最も重要な要素なのです。

 

業務用容器詰めシステムの重要性

 

マイクロブルーイング機器業務用容器詰めシステムを取り入れるべき理由として、次のような点が挙げられます。

 

1. 衛生マイクロブルーイング機器の最も重要な目的の1つに、ビールの品質低下の原因となる外的要因からの保護があります。これは容器詰めシステムにおいても同様で、業務用機械では、製品の汚染を防ぐため、保護された環境下でのビールの容器詰めが可能です。またマイクロブルワリーでは、液体に含まれる微生物を全て除去してしまう低温殺菌やろ過といった作業は稀であることも考慮しなくてはなりません。それゆえ容器詰めシステムでは、ビールの酸化やそれに伴う液体中の危険因子の拡散を防ぐ「酸素除去」というプロセスが必要となります。業務用容器詰めシステムであれば、ビールの瓶・樽・缶詰め工程での液面からの酸素除去が可能となります。

 

2. 生産性:業務用マイクロブルーイング機器はスピードと精度に優れています。小規模生産の場合も同様に、時間やコストのロスという課題に直面するものです。業務用容器詰めシステムでは、ビール1滴をも無駄にしないような配慮がなされており、そのため作業中の製品ロス防止が可能となります。更に業務用システムにより、瓶・缶・樽詰め作業のスピードアップを図ることができ、企業の生産性が向上します。

 

3. 耐久性:自製のマイクロブルーイング機器は壊れやすいものです。生産過程でシステムが故障してしまった場合の損失を考えてみましょう!業務用容器詰めシステムなら、長期間使用できるよう設計されているため常に安定した品質とスピードを実現できます。機械はいずれも耐久性と衛生に優れたステンレス鋼製です。

 

 

Comacは20年以上に渡りブルワリー向け機器および設備の製造を行っており、世界各国のあらゆる規模の企業様にご利用頂いております。弊社では、コンパクトで信頼性の高い瓶・缶・樽用のマイクロブルワリー向け容器詰め設備をご提供しております。

 

マイクロブルーイング設備への業務用容器詰めシステム導入をお考えの際は、弊社までお問合せ下さい!

シェアする