Comac Group - Kegging & bottling plants

水のボトリング

工程およびソリューション

水のボトリングは、正確な動作の実現に高い専門技術を要する複雑な工程です。普通、水のボトリングというと、衛生や安全、そして汚染などに関する話題が挙げられます。この工程を確実にこなすためには、販売されている機械の中から最良のものを選択する必要があります。

 

 

水のボトリング工程は3、4段階に分かれており、炭酸水を製造するか否かで段階数は変わります。

 

 

  • 洗浄:空ボトルの洗浄は、水のボトリングにおいて最も重要な作業でしょう。その理由は簡単で、正しく洗浄を行うことがボトリングするの衛生と安全を保証する唯一の方法であるからです。ボトリング前に詰める水を消毒したりして製造の最終段階で汚染してしまうのは、大きな誤りです。従って、洗浄機の購入には最良のプロバイダーを選びましょう。最高の機械は、高品質な素材のみが使用され、錆びや腐食に強く、適宜殺菌できるシステムになっています。
  • 充填水のボトリング工場の目的は当然、ボトルに水を充填することにあります。このプロセスは大変簡単で、ボトルはグリッパーにより固定され、その上部にあるノズルからボトルに水が注入される仕組みになっています。ガラス瓶のみに充填する場合には、ガラス瓶専用に作られた機械を選択することをお勧めします。ペットボトルのみに水を充填する場合も同様です。また、ガラス瓶とペットボトル両方を扱う場合には、双方に対応した機械を選びます。
  • 飽和:このプロセスは、炭酸水を製造する場合のみ水のボトリング工程に取り入れます。その場合、脱気した水にCO2を直接注入できる飽和ユニットを導入する必要があります。
  • キャップ締め:キャップ締めは、水のボトリング工程での最終作業です。ボトルがキャップ締め機まで到達すると、各ボトルにキャップを被せて水を封印します。キャップ締めが終了したら、商品は市場に出回り、商店や大型店舗などに販売されます。

 

 

 

Comacでは、あらゆる製造規模およびニーズに対応できる、スケーラブルでカスタマイズ可能な最先端の水のボトリング設備と機械を取り揃えています。飲料製品のボトル詰めの分野において20年の経験を持ち、頼れる専門家チームがその能力と情熱をもって貴方のビジネスに合ったベストソリューションをご提案します。

 

 

水のボトリングに関するソリューションをご希望の場合は、Comacまでお問合せください!  

シェアする