Comac Group - Kegging & bottling plants

瓶詰め設備

洗浄からキャップ締めまで

瓶詰め設備は、瓶詰めの各工程を担う一連の機械で構成されており、飲料会社で使用されています。経営規模に関わらず、瓶詰め作業には常にいくつかの工程を要し、その各工程において特殊な機械があります。

 

 

1 洗浄機

まず、瓶詰め設備には洗浄機があります。これは充填工程の前に瓶のすすぎを行うための機械です。洗浄機にはふつう、その大きさに応じた数のグリッパーが付いており、これでボトルを固定し、ノズルから噴射される洗浄液や空気で洗浄を行います。

 

 

2 充填機

充填機は、瓶詰め設備で主要となる部分です。ボトルはコンベア上に載せられ、液体を注入する充填バルブの下を通過します。ビール充填などの際には、充填作業の最後に少量の不活性ガスを注入してボトル上部の酸素を取り除き、飲料の酸化を防ぎます。高度な充填機には、下にボトルがない時にはバルブの作動を止めるシステムが取り入れられています。

 

 

3 キャップ締め機

最後にこのキャップ締め機で、瓶詰め設備は完備されます。充填後、ボトルはこの最終工程の機械へと進み、ここで各瓶にキャップが取り付けられ、飲料を密封して販売または輸送に備えた状態に仕上げます。

 

 

4 その他の機械

その他にも瓶詰め設備の中には、飲料を特殊な工程にかける際に必要となる機械がいくつかあります。炭酸水やプレミックスジュースを作るには、飽和ユニットまたはPremixユニットが必要となり、また包装済みボトルの殺菌には、パストライザーの使用が最適です。この他にも、業務形態に応じた、瓶詰め作業の各工程用機械が揃っています。

 

Comacでは、各経営規模に対応したカスタマイズ性の高い全自動式瓶詰め設備の製造を20年間に渡り行っています。弊社の機械は全て、産業界で最も耐久性・衛生性に優れた合金の1つとされるステンレス鋼AISI 304を使用して作られています。Comacはお客様のニーズに応え、瓶詰め作業に最適な設備をご提供致します。

 

 

Comac製の機械や設備については、どうぞお気軽にお問合せください! 

シェアする