Comac Group - Kegging & bottling plants

ボトルの包装

Comacがご提供するソリューション

Comacは、ボトルの包装用設備および機械の製造において、長年に渡り培われた豊富な経験を持っています。以下、世界的に有名なイタリア企業である弊社より、ボトルの包装に関するベストソリューションをご紹介致します。

 

 

ボトルの包装用設備

Comacでは3種類の用設備を製造しています。4千本/時間の瓶に対応する小規模企業向けシステム、4千本~1万2千本/時間の瓶に対応する中規模企業向けシステム、および1万2千本/時間以上の瓶に対応する大規模企業向けシステムと、各設備は製造規模に対応した設計となっています。

 

また、ボトルの包装用設備はそれぞれペットボトルとガラス瓶の両方に対応しており、作業状態を常時チェックできるコントロールパネルを搭載した全自動式です。

 

 

ボトルの包装用モノブロック

その他にもComacでは、ペットボトル専用とガラス瓶専用の2種類のボトルの包装用モノブロックシステムも製造しています。いずれも腐食に強いステンレス鋼AISI 304といった高品質素材でできており、洗浄・充填・キャップ締めの3つのパッケージング工程を担います。後は、作業ラインの最後にボトルを回収するだけで完了です!

 

また、2種類のモノブロックのいずれにも、機械全体の洗浄および殺菌に使用するためのボトルが付いてきます。

 

 

各装置について

Comacでは、飲料業界における機械のカスタマイズ性に重点を置いています。ボトルの包装工程では全ての製品を同じ方法で扱う必要はなく、そのためイタリアにはそれぞれの用途に応じた装置があります。Comacでは、ボトルの包装に関して次のようなソリューションをご提案しています。

飽和ユニット:飽和ユニットは、水から空気を抜く脱気および炭酸水を作るためのカーボネーションを行います。この機械はステンレス鋼AISI 304製で、衛生性に非常に優れています。飽和ユニットは炭酸水製造プロセスを効率良く行えるよう緻密に設計されており、オペレータによる機械のパラメータのチェックや修正が可能なコントロールパネルが内蔵されています。

Premixユニット:Premixユニットは、ボトルの包装において需要の高いまた別の作業をも行います。飽和ユニット同様、脱気およびカーボネーションを行うほか、シロップを混入してプレミックス飲料を製造します。Comacの多くの機械同様、ステンレス鋼AISI 304製で耐久性に優れています。

トンネル式加熱冷却装置包装済みボトルを室温に戻す場合には、加熱装置または冷却装置を使用するのが最適な方法です。加熱装置と冷却装置ではいずれも、シャワーを利用することでボトルの温度を急速に上昇・減少させ、好みの温度に調節します。

トンネル型パストライザー:パストライザーはボトルの包装におけるまた別の重要な装置であり、包装済みの製品を扱う企業からの高い需要があります。この装置には様々なサイズがあり、それぞれのお客様のニーズにお応えできます。

 

 

ボトルの包装用製品の詳細については、Comacまでお問合せください! 

シェアする