Comac Group - Kegging & bottling plants

ビールの容器詰め

ベストソリューションの選択

ビールの容器詰めはビール製造および販売における要の工程で、それに対する様々なソリューションがあります。普通、ビールは瓶や缶、樽などの容器に入っていますが、それぞれの容器にはメリットとデメリットがあります。ここでは、瓶詰め・缶詰め・樽詰めといった容器詰めを選択する際の判断の仕方についてご説明します。

 

 

瓶詰め

飲料は、ガラス瓶またはペットボトルに瓶詰めされます。ビールの容器詰めに関しては、ペットボトルの使用は稀で、多くの理由から瓶詰めが推奨されています。従来よりビール製造では伝統的に瓶が使用されてきたため、ビールの高級感を出したい場合には、容器詰めにはガラス瓶を選択すると良いでしょう。ガラスは衛生的で見た目が良く、また天然素材です。マイクロブルワリーを経営していて、長い伝統を持つ職人という点をアピールしたい場合になどには、ガラスは最適な素材です。このような場合、ガラス瓶詰めにしたビールをブルワリーの外部で販売するとよいでしょう。

 

ビールの容器詰めで瓶を使用するデメリットとしては、ガラスの重量が重いことや費用がかさむこと、また他の容器に比べてかさばるため、輸送がより困難であることなどが挙げられます。

 

 

缶詰め

缶詰めは、ビールの容器詰めにおいて最も一般的な方法です。多くのビール製造企業はビールの容器として缶を選択しており、時には瓶詰めと併用もします。缶には、瓶のような伝統感はありませんが、斬新でスマート、手軽といった印象を与えるため、若者をターゲットにしたビールの容器詰めには缶が最適です。

 

缶は瓶より安価ですが、衝撃や凹みに弱いという欠点もあります。缶は貯蔵や輸送の際に場所をとらないので、物流において省スペースが図れます。

 

 

樽詰め

樽詰めは、B2Cマーケットにおいてはあまり一般的でないビールの容器詰め方法ですが、ブルワリーが他の企業や事業者にまとまった量のビールを販売するときなどに利用されます。その理由は既によく知られているとおり、容器詰めのスペースと時間、そして輸送の手間を大幅に節約できるからです。樽詰めは、瓶詰めや缶詰めよりスピーディーに行うことができ、また、瓶を何本も消毒する代わりに、樽を1本消毒する方がコストも低く抑えられます。

 

Comacは、ビールの容器詰め全工程に関する最先端のソリューションをご提供致します。弊社は、高品質な設備と機械各種の製造を担う、容器詰め用プラントにおける世界のリーディングカンパニーです。

 

 

ビールの容器詰めに関してお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。弊社のエキスパートにより貴方のニーズに合った最適なご提案をさせて頂きます。

シェアする