Comac Group - Kegging & bottling plants

Latest news from Blog

6 November 2019
Augmented Reality and Comac Kegging Machines - A Debut at 2019 Brau Beviale
realtà aumentata_1 The 2019 edition of Brau Beviale, scheduled in Nuremberg from November 12th to 14th marks another stage over Comac path in applying the Industry 4.0. At the CFT Group stand, Hall 7, Booth 341, a new technology that will be installed on board the K1 and K2 kegging machines. continue
20 August 2019
"The Street Performer", a sculpture by Salvatore Perchinelli, is on exhibit at Comac
Opera in Comac Attention to the surrounding world and to all art forms that represent it have always been part of Comac DNA continue
技術サポート
オーダーメイド機械

ビール設備

容器詰め機械の重要性

マイクロブルワリーやクラフトブルワリーでは、ビール設備を選択するにあたって容器詰めシステムの重要性は低く見積もられがちです。実際多くの企業では、長期的に利便性のある投資をせずに非業務用の設備を使用したり、ビールの容器詰めを外部に委託したりしています。

 

ビール設備に容器詰めシステムの導入を推奨するその理由を、次に挙げます。

 

 

衛生性

業務用容器詰めシステムを選択する第一の理由は、その衛生性にあります。非業務用機器を使用すると、醸造したビールに異物が混入してしまうことがあります。これは健康面だけの問題ではなく、ビールに混入した物質は製品本来の味を損い、ビールの品質低下を招きます。しかし、最も大切なのはやはり安全性です。家庭用容器詰めシステムなどのビール設備では、健康に有害な物質が混入してしまうことがあります。

 

 

スピード

業務用容器詰めシステムの最大の利点は、そのスピードにあります。ビール設備に同システムを導入することにより、製造速度は著しく高まり、瓶詰め・缶詰め・樽詰めや密閉作業が迅速かつ容易に行えます。

 

 

利便性

外部のビール詰め業者にビールの瓶詰め・缶詰め作業を委託する場合には、利便性が重要となります。自分のブルワリーから委託業者にビールを運搬する時間コストについて考えたことがありますか?これは、ビールを少量生産している場合においても、割りに合うものではありません。このような場合、業務用容器詰めシステムを購入することは当然難しいでしょうが、外部でのビール販売ができるくらいにまで生産が向上したら、自分用の容器詰め設備を購入するのが賢い選択です。

 

 

制御

制御は、ビール設備においてとても重要なものです。容器詰め機械も例外ではなく、業務用機械があれば、洗浄から充填、瓶や缶のキャップ締めまで全ての工程を制御できます。また、ビールの無駄や異物混入のリスクを防ぐなど、これまでの努力が無駄になってしまうような作業中のトラブルを回避するには、制御が重要となります。

 

 

ブランド

自分の業務用容器詰めシステムを所有することで、カスタマイズ性が高まります。それにより、ビールの包装を好きなようにデザインし、ブランド化した自作のクラフトビールを瓶や缶で販売できるようになります。知名度を高めてくれるイメージというものがマーケティングにおいて非常に重要であるということは、周知の事実です。

 

 

ビール設備にマイクロブルワリー向け業務用容器詰め機械の導入をお考えの方は、Comacまでお問合せください。あらゆる製品を取り揃えております。

シェアする

Latest news from Blog

realtà aumentata_1
06 November 2019
Augmented Reality and Comac Kegging Machines - A Debut at 2019 Brau Beviale
The 2019 edition of Brau Beviale, scheduled in Nuremberg from November 12th to 14th marks another stage over Comac path in applying the Industry 4.0. At the CFT Group stand, Hall 7, Booth 341, a new technology that will be installed on board the K1 and K2 kegging machines.
continue
Opera in Comac
20 August 2019
"The Street Performer", a sculpture by Salvatore Perchinelli, is on exhibit at Comac
Attention to the surrounding world and to all art forms that represent it have always been part of Comac DNA
continue