Comac Group - Kegging & bottling plants
Header content

Latest news from Blog

17 January 2019
News at the Procurement, Spare Parts Service & Customer Care Department in Comac: Interview to Andrea Morali, Manager of the Unit
Andrea Morali Our blog opens the year 2019 with fresh news - As of Nov, 05 Andrea Morali joined the Comac team as the unit manager of the Procurement, Spare Parts Service and Customer Care Department. continue
20 July 2018
Comac has joined the CFT Group family
CFT In the framework of a strategic industrial plan aimed at grabbing new opportunities on the market, consolidating the brand in the beverage sector and supplying increasingly suitable services with innovative technology, Comac has decided to join its forces, skills and know-how to those of a world-class Italian group, leader in the field. continue

飽和ユニット

飽和ユニットは炭酸水製造のために水から空気を抜く脱気、そしてカーボネーションを実施する装置です。ユニットは砂面処理(サンドブラスティング)、コーティングが施されたステンレス鋼AISI304製で強固な構造を持ち、脱気用タンク、カーボネーション装置、調合・貯蔵タンクを装備しています。

タンクはステンレス鋼AISI304製で、内部は研磨され、正常な動作とタンク洗浄用に必要な装置が装備されています。

 

脱気用タンクは液封式真空ポンプで負圧状態に保たれます。水はタンク上部から注入され、スプレーノズルで霧状にされてから真空中に噴射することで、水と真空が触れる表面積が多くなります。こうすることで水中のガス成分が除去され、次の工程のカーボネーションが容易になります。さらには、このタンク中に飽和タンクから過剰な炭酸ガスが運びこまれます。炭酸ガスは脱気を助けるだけでなく、プレカーボネーションを引き起こします。

 

カーボネーション用装置は炭酸水を作るために液体に炭酸ガスを直接注入します。炭酸ガスの量はカーボネーションの各種レベルが可能となるように調節バルブによって調整されます。次の工程のスタティックミキサーによって炭酸ガスの気泡を微細化することで容易に溶け込むようになります。

 

最後に炭酸水は調合・貯蔵タンクに運ばれ、炭酸ガスの圧力はそのままで、タンクから充填機へと運ばれます。

 

ステンレス鋼製の開閉装置には、機械の全作動パラメータの確認、設定が可能な制御盤が取り付けられ、さらにご要望によっては工程の圧力と温度の値を記憶する電子図記録装置も取り付け可能です。

フォトギャラリー

シェアする